統計数理研究所 樋口前所長退任記念シンポジウム

Description

データ駆動型研究を先導するベイズモデリング

~ モデリングは人がやるのか、AIが代替するのか ~


【概要】
ベイズモデリングは300年前に発見されたベイズの定理が基になっています。
創立75周年を迎えた統計数理研究所にとってベイズモデリングは重要な研究テーマです。
樋口知之前所長は30年間の研究人生のすべてをベイズモデリングに捧げてきました。

本シンポジウムでは、まず学術・産業の広範な分野からデータ駆動型研究を紹介し、
次にその根幹を成す統計的モデリングと4半世紀にわたる技術の進展を概括します。
さらにAI社会でのモデリング技術の向上において、健全に人に寄り添う重要性を、
現場主義との関連で討論します。

【日時】 2019年11月5日(火)13:30-17:50 *開場(受付開始)12:30
【会場】 学術総合センター2階 一橋講堂 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
【主催】 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所
【協賛】 横断型基幹科学技術研究団体連合、応用統計学会、
     人工知能学会、データサイエンティスト協会、
     電子情報通信学会、日本応用数理学会、日本計算機統計学会、
     日本統計学会、日本バイオインフォマティクス学会、
     日本マーケティング・サイエンス学会、
     バイオスーパーコンピューティング研究会、
     日本シミュレーション学会、放送大学
【後援】 日本経済新聞社
【申込】 参加費無料、要申込(意見交換会は有料、別途、要申込)
    *会場の収容人数(約500名)を超えた場合は入場を制限させていただきます。
【詳細】 https://www.ism.ac.jp/events/2019/meeting1105.html
【プログラム】
13:30    開会
13:30-13:35 挨拶   椿 広計(統計数理研究所長)
13:35-14:00 講演1   井元 清哉(東京大学 医科学研究所)
14:00-14:25 講演2   佐藤 忠彦(筑波大学 ビジネスサイエンス系)
14:25-14:50 講演3   長尾 大道(東京大学 地震研究所)
14:50-15:00 休憩
15:00-15:25 講演4   花塚 泰史(株式会社ブリヂストン)
15:25-16:15 退任記念講演 「ベイズモデリングと歩んだ30年」
            樋口 知之(統計数理研究所 前所長、中央大学理工学部 教授)
16:15-16:30 休憩
16:30-17:45 パネル討論「AI社会での数理モデリングと現場主義の意義と価値」
      パネリスト 合原 一幸(東京大学 生産技術研究所)
            早瀬 敏幸(東北大学 流体科学研究所)
            鷲尾 隆 (大阪大学 産業科学研究所)
            花塚 泰史(株式会社ブリヂストン)
      モデレーター 樋口 知之(統計数理研究所 前所長、中央大学理工学部)
17:45-17:50 挨拶    樋口 知之(統計数理研究所 前所長、中央大学理工学部)
17:50    閉会 
         司会:伊藤 聡 統計数理研究所 副所長

【問合先】統計数理研究所(広報室)TEL.050-5533-8580
                 E-mail:kouhou@ism.ac.jp
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#467602 2019-08-30 11:45:44
Tue Nov 5, 2019
1:30 PM - 5:50 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
シンポジウム入場券
Venue Address
千代田区一ツ橋2丁目1−2 学術総合センター2F Japan
Organizer
統計数理研究所創立75周年記念事業
475 Followers